オンラインカジノ スマホ パソコン

国際展開のBusiness Process Outsourcingの先例としてのオンラインカジノ

オンラインカジノとかなり深く関係をしているビジネスのサービスが、Business Process Outsourcing(BPO)です。

 

ビジネス・プロセス・アウトソーシングの略でBPOと言います。

 

このBPOが上手に使いこなす事が出来れば、インターネットを主としている業種は、母体規模をより大きく収益性を高くしながらビジネスを運営していく事が可能だと考えられます。

 

オンラインカジノの運営ではよく使われており、イギリス領の国で登記されている企業が多いのですが、オンラインカジノはその業態の特殊性により他国も同時にインターネットを介して展開をしていきます。

 

故に母国語のイギリス英語以外の中国語、日本語、タイ語、などを使用してカスタマーサービスの設置、チャットの設置などをしなければなりません。

 

その際に各国のBPO企業と連携をしてカスタマーサービスを充実させているようです。

 

 

ビジネス的な部分で多少の不整合が出る事はありますが、しかしながら、このビジネス展開の構造は充分にビジネスを国際的に展開しやすくなった現代のネット社会の中で母体は小さくとも高収益ビジネスで大きく展開をしていく場合には絶対的に必要になるものであると考えれます。

 

 

ネットを主体にした仕事で国際的にシェアを獲得をしていくような仕事であれば、あるほどに、BPOは大変に魅力的でビジネスのスピードを早くしてくれるものであるでしょう。

 

実際にネットを主体として国際的にマーケットシェアを獲得していくような仕事の場合は、撤退も簡単ですし、また実際に店舗を他国で運営するよりコストが圧倒的に安く、しかも受け入れられる顧客の人数が多いので高収益を維持し続ける事が比較的に容易です。

 

また、後進国と言われる国々も順次経済発展をしていくとすると、今からインフラの整備がなされ、ネット社会になっていくという事もありますから、世界全体で見れば、ネットを主体にした仕事というのは拡大をしていくものと考える事が妥当であると思われます。

 

場所と超越して仕事をする事が出来る時代に、情報抽象空間の中で仕事を進めていくという事がこれから大切になっていく社会なのだと感じるばかりです。

 

オンラインカジノのビジネスの構造や関わっている企業形態を見ていくとビジネスのヒントがたくさんあるので、オンラインカジノのプレイをするという事だけでなく、ビジネスのヒントを考える上でそのビジネス形態を研究をしていくという事もかなり興味深いです。

 

また、インターネットを使ってよりビジネスを展開しやすい時代ですから、ネットを主体にした国際展開とそれぞれの国との関係性、国際法、条約などを同時に学ぶのにもオンラインカジノがどのように運営をしており、国際的に展開をしているのかというのはネット主体のビジネスモデルのよい例なのです。

 

ネット主体のより大きなビジネス展開、国際的展開を考えている方であれば、オンラインカジノの運営形態を研究をしてみるのは実りのある事であると思います。

 

 

 

ビジネスとしてのオンラインカジノ トップページへ戻る→こちら

 

 

 

 

 

  • SEOブログパーツ

関連ページ

日本国発行のオンラインカジノライセンスの考察
オンラインカジノが違法適法という事の議論で何かしていますが、それよりも日本国発行のオンラインカジノライセンスを検討した方がより良い事でしょうか。