日本国発行 オンラインカジノライセンス

【超注目最新】オンラインカジノ ラッキーニッキーカジノ!

日本国発行のオンラインカジノライセンスの考察

日本国発行のオンラインカジノライセンスはまだ誕生をしていません。

 

けれども、将来的に日本国が正式に発行するオンラインカジノライセンスを持つことで税収を上げる事が出来るでしょう。

 

また日本のサービス業などが世界的にトップクラスであるという事、世界的に評価をされているという事を考えれば日本製の製品と同様に、無形サービスであるオンラインカジノの運営ライセンスも日本の品質によるサービス基準を満たすという事が公的に証明されるので海外のオンラインカジノ企業にとっても自社のサービスが日本政府公認のオンラインカジノライセンスを持っているという事は大きなアドバンテージに出来る可能性はかなり高いです。

 

また、海外の企業の誘致をする事も出来、オンラインカジノライセンスの発行という事に対しての税金と正式に受取る構造を作る事が出来ます。

 

パチンコ・パチスロで癒着をしているような警察がいるものよりも、より多くが国の税収として確保する事が出来ます。

 

パチンコ・パチスロが絶好調であったときの市場規模は30兆円です。それは日本国内だけの営業で、その市場規模があったのですから莫大ですよね。その収益をしっかり税金としてとれない事が問題であったという事です。

 

朝鮮系企業などの多くがパチンコ・パチスロに入り込んでいましたから、特権のようなものがありましたから、その点もかなり問題でしたよね。

 

でも、それに対してオンラインカジノの日本政府公認ライセンスを発行をしていれば、例え日本企業がそこに参入をしないとしても、他国企業が世界中からプレイヤーを募り売上げを上げて、日本に対して税金を納めるという構造を創造する事が出来るのです。

 

パチンコ・パチスロをのさばらせて、この点のオンラインカジノの構造にしっかりと目をつけないという事は国益に反する事だと言って過言ではありません。

 

 

 

 

現在のオンラインカジノの日本市場が対面する問題(2016年現在)

2016年3月28日現在、オンラインカジノをプレイしていたプレイヤーが捕まったという事で騒動になっています。

 

まあ、あまり大きく報道をされたわけでもありませんし、また、オンラインカジノ業界的には騒動ですが、一般的にはたいした注目を集めてはいません。また、京都府警が無理矢理なにか話題を作りたいのか、若しくは注目されたいのかという事でやってしまったようなものであると、只でさえ警察自体の不祥事が多くコンクリートブロックを持って怒号を飛ばしていた京都府警という事も話題としてはまだ新しいものです。

 

何をそこまで偉そうに出来るのかは、全くの不明ですが、まあ正直なところ一応のところ公務員だから守られているだけで、彼が自体がかなり犯罪的といえば犯罪的であると言えることも勿論あり、公務員だから違法収集証拠を見つけるのが国民側が難しいだけで、警察自体を監査監督し罰する機関がそろそろ必要であるという事は言うまでもありません。

 

ちなみに、オンラインカジノのプレイヤーを逮捕というのは、犯罪をしたからというわけではなく、犯罪になる行為があった可能性があるという事に留まり、これから裁判所でそれが違法であったという事にならなければ犯罪ではありません。

 

なぜオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたことが、あまり大きなニュースにならなかったかというと、京都府警が行った逮捕が、それ自体に無理があるという事もありますから、では検察が起訴するかも分かりません。起訴されないという事になると京都府警はそもそも無理のある事をしているわけですし、誤認逮捕という事や、さらに、そこに威圧的な態度があったとすると京都府警自体の汚点となります。

 

だから、報道機関もこの点についてはあまり大きく報道はしていません。

 

なぜなら、大きく報道する事での京都府警の汚点が出てしまうという事を守るためであると言われています。

 

 

 

オンラインカジノ運営側は適法に合法的に運営をしている

オンラインカジノを運営をしている側自体は違法な事をしているわけではありません。ただ、インターネットという媒体を使う事で、国を超えた露出が可能となっただけです。

 

オンラインカジノの運営側はオンラインカジノの運営ライセンスを発行して合法的に運営が出来る国で会社を登記しています。その国の中で合法的に運営をしているわけです。そこにインターネット自体が国境を越えてアクセスをする事が容易になったというだけのことです。

 

しかも、社会的にもしっかりとした評価も受けて株式上場をしているオンラインカジノ運営企業も現在ではたくさんあります。だから日本人が言う違法というとプレイヤーもオンラインカジノ運営側も違法と思いがちなのですが、決してそうではありません。

 

日本国内でも有名なオンラインカジノサイトを運営しているオンラインカジノの運営側は大抵の場合に合法的に運営をしてるオンラインカジノであるという事は紛れもない事実です。

 

そのサイトに日本人がアクセスをしてプレイをしているのに過ぎません。

 

 

現在に日本法でオンラインカジノのプレイヤーに違法をする事は不合理

法的には、いまオンラインカジノを裁判所などが違法とする事はかなり不合理であると言えます。

 

オンラインカジノを日本人がプレイをする事を違法をするという事であれば、純粋な刑法的な観点から言えば、新しい法を制定しオンラインカジノを規制する旨を国民に周知をしなければならないのです。

 

オンラインカジノをプレイする事をもって、そのプレイヤーが違法というような判断を受けては絶対にいけません。それは刑法典に於ける原則の類推解釈の禁止にあたるもので、それを壊してオンラインカジノのプレイヤーが罰せられるという事は絶対にあってはなりません。

 

オンラインカジノは世界的にも注目をされているビジネスモデルであるという事もあります。

 

小さな小国がオンラインカジノの運営ライセンスを発行し税収とする事が出来るという点を高く評価をし、そのシステム、ライセンスビジネスのモデルを日本国としてオンラインカジノの運営ライセンスを日本という国が発行するという事も大変に有意義な事でしょう。

 

カジノ誘致がどうのこうのと言っていますが、いくら日本にランドカジノがあるからと言って「カジノがあるから日本に行こう」なんて事は普通思わないでしょう?という事があります。

 

それよりも24時間ずっと運営をしており、毎日が収益機会というオンラインカジノの運営ライセンスを日本国として発行する事を検討した方が余程ランドカジノの法案よりも有意義であるという事が言えます。

 

 

ランドカジノもオンラインカジノに負けている

ランドカジノを運営している企業もオンラインカジノ業界に物凄い勢いで迫られているという事もあります。

 

日本人的には、ラスベガス、マカオ、シンガポールなどの本当にその場でプレイをするカジノがスゴイと思っている節がありますが、実はそうではありません。

 

既にランドカジノもオンラインカジノの台頭によって、かなりの収益を失っていると言われています。

 

アジア最大のマカオカジノであっても、減収ですから。

 

それに対してオンラインカジノというのは、いまだ伸び続けています。それは何故かと言えば顧客のニーズに合っているという事です。

 

顧客のニーズというのは、もう以前のようにお金を莫大に使ってチヤホヤされるというようなカジノは面倒なのです。

 

当たった、外れたという遊びを楽しみにたいのであって、ランドカジノのVIPの扱いなどに興味をなくしているという人もかなり多いのです。

 

そしてオンラインゲームの感覚でちょっとした時間にサラッと暇つぶしに遊びたいという欲求のあり、その点でもオンラインカジノは新しいオンラインゲームの一種としても注目されていますし、スマホなどの課金ゲームではお金が絶対に戻ってくることはありませんが、オンラインカジノであれば戻ってくる可能性もあるという点もニーズにあっているのです。

 

だから、ランドカジノを押しやってオンラインカジノがランドカジノを越えて成長をしているのです。

 

また、大規模施設が要りませんから、高収益体質を維持していく事や、ゲームの入れ替えが楽という点でもオンラインカジノは機敏に対応をしていく事が出来るので、その点もランドカジノとは違った魅力となります。

 

 

その成長産業を目の前にして、実際には規制もされていないオンラインカジノ自体を何とか違法としようという勢力がありますが、それこそ国益に反しています。

 

それよりも早い段階でランドカジノ以前に、オンラインカジノの日本国ライセンスを出すという事を実現させて海外企業を日本国のオンラインカジノライセンスで運営してもらうという方がより良いという事は間違いありません。

 

 

ビジネス感覚と日本国の国益という部分で考えるときに、オンラインカジノの日本国の正式な運営ライセンスを創設するという事の有意義な事は、容易に誰もが理解を出来る簡単な構造であるのにも関わらず、そこを潰そうとしている人がいるという事自体が、国益に反しているという事を考えるべきであると言えますね。

 

 

 

 

 

ビジネスとしてのオンラインカジノ トップページへ戻る→こちら

 

 

 

 

 

  • SEOブログパーツ

関連ページ

国際展開のBPOサービス(Business Process Outsourcing)の先例としてのオンラインカジノ
オンラインカジノのプレイ自体を現段階で推奨まではしませんが、国内のパチンコ・パチスロをのさばらせておくよりも、より良いオンラインカジノ自体の経済的効果を考えてみます。